カテゴリ > ゴルフ場ニュースの記事一覧
2009年01月31日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
佐賀ロイヤルゴルフクラブが2009年1月
より当分の間、名義書換停止となります。
2008年09月18日 |ゴルフ場ニュース|
株)阿蘇大津ゴルフ場(菊池郡大津町瀬田711、設立昭和62年4月、資本金1000万円、松山勝己社長)は9月16日、東京地裁に民事再生手続き開始を申し立て、同日保全命令を受けた。
 申立代理人は片山英二弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、阿部・井窪・片山法律事務所、電話03-3273-2600)ほか4名。
 監督委員は竹村葉子弁護士(東京都新宿区新宿1-8-5、三宅・今井・池田法律事務所、電話03-3356-5251)が選任された。
 負債総額は約60億円で、熊本県内の倒産では今年最大となった。
 昭和62年4月設立、準備期間を経て平成4年3月に「阿蘇大津ゴルフクラブ」としてオープンしたゴルフ場。阿蘇外輪山の麓に立地する自然を生かしたチャンピオンコースで、平成13年頃までは年間入場者数5万5000人を確保し、年商8億円をあげていた。
 しかし、その後は景気後退による利用客の減少、周辺ゴルフ場との低価格競争などで売上ジリ貧となり、近年の売上高は4億円程度まで落ち込んでいた。また、会員権の預託金返還問題を抱える中、収益確保に苦戦して財務体質も悪化、自力再建は困難との判断から今回の措置となった。
2008年09月18日 |ゴルフ場ニュース|
 (株)大分サニーヒルゴルフ場(由布市挾間町向原864-1、設立昭和46年12月、資本金2000万円、松山勝己社長)は9月16日、東京地裁に民事再生手続き開始を申し立て、同日保全命令を受けた。

 申立代理人は網野精一(中央区八重洲2-8-7、阿部・井窪・片山法律事務所、電話03-3273-2600)ほか4名。
 監督委員は竹村葉子弁護士(新宿区新宿1-8-5、三宅・今井・池田法律事務所、電話03-3356-5251)が選任された。
 負債総額は約50億円(保証債務含む。うち金融債務が約25億円)。
 同社は昭和46年12月設立、同50年7月オープンした「大分サニーヒルゴルフ倶楽部」の運営会社。開業後暫く欠損計上が続き、同58年9月(株)ソロン(福岡市、マンション開発)の傘下に入り(株主は14年11月グループ企業のASQゴルフリゾートに変更)、以降徐々に売上を伸ばし、ピーク時の平成4年8月期には8億3100万円の売上をあげた。
しかし、その後は景気低迷に伴う利用客の減少、周辺ゴルフ場との価格競争激化など営業環境は年々厳しさを増し、15年8月期で6億円を割り込み、以降も利用客数減少に歯止めが掛からず業績が低迷していた。
 直近の会員数は約1300名を抱えていたが、来場者数は回復せず、資金繰りも逼迫。自助努力による経営再建は困難と判断し今回の事態となった。
 なお、関係者への配布資料によれば「今後はゴルフ場の再生で実績を有するオリックスグループの支援を得る」としている。

2008年08月08日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
平成20年8月1日から平成20年12月31日までの期間、三州カントリークラブ(鹿児島)の名義書換料金は、個人・法人21万⇒10.5万 親族・法人内5.25万に成りました。受付は12月31日までの書類受付迄です。
2008年06月30日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
茜ゴルフクラブ 新規会員募集!
額面240万・登録料10.5万※合計250.5万
会員募集 限定100名
※お問い合わせ・お申し込みはグランディカンパニーまでお気軽にご連絡ください
2008年06月18日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
平成20年6月20日~平成20年9月30日の間
佐世保国際カントリー倶楽部・長崎パークカントリークラブ・ハウステンボスカントリークラブ

それぞれの会員は3グループの会員以外のコースプレー代は平日がメンバー料金プラス500円、土日際日がメンバー料金プラス2000円で回れます。
但し会員用ポイントカードをお忘れなく。この際、会員権をお持ちでない方は是非、会員権購入をご検討下さい。
2008年06月05日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
平成20年6月1日より、オーシャンパレスゴルフクラブの名義書換が再開されました。名変料は1回目が52,500円2回目以降は21万円で、年会費は22,500円です。年会費1月~12月
2008年05月26日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
武雄嬉野カントリークラブ(武雄市西川登町)を運営する「武雄嬉野国際カントリークラブ」(山?純平社長、資本金1億円)が、福岡地裁に民事再生法の適用を申請、23日に手続き開始決定を受けた。負債総額は約23億7000万円とみられる。営業は継続しながら再生手続きを進める。
 1978年オープン。ピーク時の91年4月期は売上高11億5000万円を計上したが、競争激化などで来場者は低迷、2007年4月期の売上高は4億6800万円に落ち込んでいた。
 債権者は約1500人。ゴルフ会員権の所有者が大半で、債権のうち預託金が19億5200万円を占めているとみられる。
 債権の調査や確定作業を行わない「簡易再生手続き」で再生計画を成立させる方針で、既に会員に通知しているという。
2008年05月22日 |ゴルフ場ニュース|
喜々津カントリー倶楽部(長崎)の年会費が平成20年5月1日より22,050円から27,300円(税込み)に変更になりました。
2008年05月20日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
佐賀県の北山カントリー倶楽部は、平成20年6月1日より名義書換が可能になりました。名変料は一般譲渡が31万5千円、法人内が15万7千5百円、親子二親等は10万5千円です。
2008年04月08日 |ゴルフ場ニュース|
4月1日よりザ・サザンリンクス・ゴルフクラブの名義書換料が26万2千5百円より52万5千円に変更になりました。
2008年04月08日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
4月1日より、武雄・嬉野カントリークラブの名義書換料が31万5千円より15万7千5百円に値下げされました。法人内・親子の変更料も1万5百円に変わりました。
2008年02月01日 |ゴルフ場ニュース|
鹿児島シーサイドゴルフ倶楽部の経営三輝観光株式会社は、1月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。負債は預託金約44億3000万円を含め約84億5000万円。尚名義書換は停止



2008年01月23日 |ゴルフ場ニュース|
平成20年1月1日より正会員の年会費が31,500円より37,800円に成りました。副記名家族権は18,600円です。
2007年12月28日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
平成19年12月17日より、別府ゴルフ倶楽部の名義変更が停止になりました。
2007年12月27日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
平成19年12月17日より、佐賀県の大和不動カントリー倶楽部が民事再生法の適用申請により名義変更が停止になりました。
(株)コハラ(資本金5000万円、代表小原龍治氏、佐賀市大和町川上5576-124、従業員28名)は、1989年(平成元年)2月の設立。大和不動カントリー倶楽部(18H、P72)の運営・管理を手がけ、2003年3月期には年収入高約5億1300万円を計上していた。
グループ企業の旅館施設なども有し、100億円以上の総事業費を投じたものの、バブル経済崩壊後の環境下にあって会員権の販売が低調に推移。金融債務の負担も増大していた。また入場者数の落ち込みやプレー代の低下から、2006年3月期には年収入高約4億3000万円にまで落ち込んでいた。
この間、会員権の無償分割や、キャディーの外注化など合理化を進めたものの事態は好転せず、先行きが見通せないことから、今回の措置となった。
負債は債権者約900名に対し、金融債務約70億円、預託金債務ほか約40億円で、合計約110億円。
なお、現在、複数のスポンサーと交渉中と伝えられる。
2007年12月20日 |ゴルフ場ニュース|
平成19年12月9日整理回収機構より大阪地裁に会社更生手続き開始を申し立てられ、同日保全管理命令が下りました。負債総額は債権者1200名以上に対して556億2700万円。債務超過額は111億2500万円。大分県内では過去最大の負債となる。
2007年12月19日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
今回ハウステンボスカントリークラブはアコディアグループの経営傘下になる予定で、事務上の混乱を避ける為一時名義書換を停止しております。尚、事務上の問題が解決次第、近々に再開する予定です。
2007年12月14日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
平成19年12月10日より、久山カントリー倶楽部の名義書換が再開になりました。
名義書換料は、525,000円です。

ゴルフ会員権 福岡
2007年12月10日 |ゴルフ場ニュース|
皐月ゴルフ倶楽部の年会費が平成20年度より18,900円から25,200円に変更に成ります。
また、長期病気療養か長期海外出張の方は年会費免除申請を平成19年12月28日までに提出して下さい。それ以外の方は休会扱いは出来ないとの事です。

ゴルフ会員権 福岡