ゴルフ場ニュース-ニュース&トピックスページ

ゴルフ会員権の売買取引をお考えの方、グランディカンパニーにお任せください!

Loading...

カテゴリ > ゴルフ場ニュースの記事一覧
2017年08月03日 |ゴルフ場ニュース|
大村湾カントリー俱楽部は、2017年8月~2017年11月末まで名義変更料減額キャンペーンを実施します。
正会員25万円⇒15万円 平日会員10万円⇒5万円 別途消費税が掛かります。
2017年07月26日 |ゴルフ場ニュース|
阿蘇大津ゴルフクラブは、2017年7月~2018年1月の期間名義書換料を648,000円から324,000円に減額キャンペーンを行います。尚期間中は預託金の全額充当も可能とします。
2017年07月18日 |ゴルフ場ニュース|
平成29年7月31日をもちまして、ゴルフ事業の撤退に伴いジェイズカントリークラブ高原コースを閉鎖
ゴルフ事業撤退後は、太陽光事業に移行
2017年06月07日 |ゴルフ場ニュース|
PGMホールディングス(株)(田中耕太郎代表取締役社長、PGMH)の連結子会社でゴルフ場運営会社であるパシフィックゴルフマネージメント(株)(同代表、PGM)が福岡レイクサイドカントリークラブ」を所有・経営する福岡飯塚ゴルフ(株)(濵正廣代表取締役)の全株式を平成29年6月1日に取得
2017年03月30日 |ゴルフ場ニュース|
2017年4月1日~2017年12月31日の期間、預託金を名変料21万6千円全額充当できます。
例)預託金300,000円で名義書換料216,000円に全額充当の場合名変料無料で、新しい預託金は、84,000円となります。 
2017年03月23日 |ゴルフ場ニュース|
平成29年4月1日~6月30日まで
  個人・法人の名義変更料が30万円⇒20万円に変わります。
2017年03月16日 |ゴルフ場ニュース|
平成29年4月1日より新規会員募集を開始されるそうです。
預託金1万+入会金21,6万=合計22,6万(税込)で200口を予定
それに伴い、名義書換も4月1日より停止になります。
2017年02月18日 |ゴルフ場ニュース|
名義書換料減額キャンペーンを実施してましたが、法人会員・週日会員もたいしょうとし、平成29年12月31日まで延長となりました。 

個人・法人正会員   100,000円 →  10,000円

個人相続または1親等親族  30,000 → 対象を3親等内の親族に拡大して無料

法人内名義変更   30,000円  →  10,000円

準会員(週日)   30,000円  →  10,000円

年会費  12,000円(税別)

2017年02月18日 |ゴルフ場ニュース|
平成29年2月1日より、平成29年12月25日までの期間
名義変更料を、減額します。

通常324.000円 ⇒ 216.000円 
2017年02月17日 |ゴルフ場ニュース|
南九州市(旧・知覧町)の誘致企業として、ゴルフ場経営を目的に南九州市で設立、平成3年5月「知覧カントリークラブ」としてオープンした。  県内でも有数のステータスを持つゴルフ場として知名度は高く、鹿児島県を代表するバス事業会社である南国交通(株)が筆頭株主であるほか、鹿児島県のトップ企業である総合商社南国殖産(株)も出資していた。 しかし、「知覧カントリークラブ」の開業以来、毎期、3000万円から7000万円の営業赤字を計上。13年3月から一次募集会員の預託金償還が到来したため、会員に対する分割償還や南国交通などグループ企業に会員権を購入してもらうことで対応した。
17年頃には南国交通からの資金援助もあって金融機関からの借入金を弁済したが、売上低迷や金利負担などから赤字が継続、南国交通などからの借入金や出資は約20億円に達していた。

 一方、ゴルフ人口の減少、ゴルフプレー料金の低価格化などから、ここ数年の年間売上高は約4億円で推移、28年3月期は7000万円の欠損を計上していた。

 
2016年12月31日 |ゴルフ場ニュース|
昭和52年8月開場の「グランドチャンピオンゴルフクラブ」(経営会社:グランドエンタープライズ(株)、18H、熊本県阿蘇郡西原村大字川原3838-4、TEL:096-279-3300)は、今年7月にオーナーで三洲建設(株)(熊本県宇城市三角町波多2886-9)の会長でもある吉田孝夫氏から、丸善グループの古賀大(まさる)代表に交代していたことが判明した。
2016年11月20日 |ゴルフ場ニュース|
昭和52年8月開場の「グランドチャンピオンゴルフクラブ」(経営会社:グランドエンタープライズ(株)、18H、熊本県阿蘇郡西原村大字川原3838-4、TEL:096-279-3300)は、今年7月にオーナーで三洲建設(株)(熊本県宇城市三角町波多2886-9)の会長でもある吉田孝夫氏から、丸善グループの古賀大(まさる)代表に交代していたことが判明した。 

なお、丸善グループでは現在、関連会社が八代GC(熊本県八代市)と八女上陽GC(福岡県八女市)を経営している関係で、会員には相互利用を可能にした優待料金で利用できる特典を付けたという。
2016年11月12日 |ゴルフ場ニュース|
福岡レイクサイドカントリークラブ」(18H、福岡県飯塚市椋本611-19、TEL:0948-65-3636)を経営する福岡国際リゾート(株)(簾英燮代表取締役)は10月24日、新設分割により新設する会社に対して、同ゴルフ場の経営事業に関する権利義務を承継させる旨を、同CCのホームページで下記の通り公開した。

当社は、新設分割により新設する福岡飯塚ゴルフ株式会社(住所:福岡県飯塚市椋本611-19)に対して、当社の福岡レイクサイドカントリークラブのゴルフ場経営事業に関する権利義務を承継させることにいたしましたので公告します。
2016年08月31日 |ゴルフ場ニュース|
吉田ゴルフ開発(株)(TSR企業コード:940143038、法人番号:9340001006615、鹿児島市本城町366、設立平成1年6月13日、 資本金6000万円、押川雅幸社長)は8月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は加々美博久弁護士(加々美法律事務所、東京都港区 西新橋1-2-9、電話03-3581-3901)ほか。監督委員には竹村葉子弁護士(三宅・今井・池田法律事務所、東京都新宿区新宿1-8-5、電話 03-3356-5251)が選任された。
 負債総額は債権者2094名に対して約166億8700万円(うち預託金約54億円)。
 負債額は公益財団法人山梨県林業公社(TSR企業コード:340246626、法人番号:7090005000105、甲府市、7月民事再生、負債額261億2000万円)に次いで今年2番目。鹿児島県では平成28年最大の負債額。

「ゴールデンパームカントリークラブ」(18ホール)を運営し、平成17年3月期には6億689万円の売上高をあげていた。しかし、以降はゴルフ人口の減 少や市況低迷の影響で売上高は伸び悩み、27年3月期には売上高3億7996万円に落ち込んでいた。この間、赤字を計上し債務超過に陥り、ここ数年も採算 性は低く資金繰りは厳しい状況となっていた。そうしたなか、預託金の償還にも支障を来たし、今回の措置となった。
 なお、債権者説明会は9月2日午前10時から鹿児島市民文化ホール(鹿児島市与次郎2-3-1)で行われる予定。
2016年08月31日 |ゴルフ場ニュース|
浮羽カントリークラブ」(平成9年6月開場、18H、福岡県うきは市浮羽町新川4094、 TEL:0943-77-8585)を経営する築炉事業の(株)ヤマサキ(福岡県大牟田市大字橘11、TEL:0944-58-1366、山﨑一正代表取 締役社長)が、昨年8月に同ゴルフ場を高尾病院グループに売却し経営交代していることが判明した。

一季出版(株)(東京都台東区浅草橋1-9-13 TEL:03-3864-7821)発行のゴルフ特信によれば、昨年8月1日に(株)ヤマサキから学校法人高尾学園(福岡県小郡市)に所有権が移転。会員(約200名)の預託金(600万円)は全額返還されたようだ。
2016年05月29日 |ゴルフ場ニュース|
臼杵カントリー 名義書換料

  H.28.4月 ~ H.29.3月迄  50,000-(税別)

  年会費  ¥19,440- に変更になっています。
 
2016年03月02日 |ゴルフ場ニュース|
阿蘇大津カントリークラブは4月1日より新規会員権募集が始ります。
会員権価格は45万円(税別)
4月1日より受付開始です。早目の予約は弊社で受け付けます。尚、弊社でお申し込みされた方には、2万円円の商品券をプレゼント致しますので、お待ち申し上げます。 担当:宮崎
2016年01月05日 |ゴルフ場ニュース|
平成28年1月より、小郡ロイヤル会員の名義書換料を値上げ致します。
一般 500,000⇒600,000  法人内250,000⇒300,000
親族 250,000⇒300,000シニア終身 350,000⇒400,000
2016年01月05日 |ゴルフ場ニュース|
あつまるレークCC・阿蘇赤水GCの名変料引下げ
下記両ゴルフ場はH28.01.01より名変料を引き下げた。

単位:万円(消費税別)   第三者譲渡  相続時
あつまるレークCC    30→20    15→10
あつまる阿蘇赤水GC 20→15    10→5 
2015年12月02日 |ゴルフ場ニュース|
平成26年度の全国47都道府県(ゴルフ場数:2336=50コース減)の延べ利用者数は8,650万5,168人で前年同期の8,674万6,127人に比べ24万959人減、率では0・28%減となったことが判明した(平成24年度以降は横ばいで推移)。

▽都道府県別順では、

  ・埼玉県:4・64%、山形県:3・50%、東京都:2・67%、千葉県:2・64%、愛知県:2・36%
   17都道府県で増加

  ・長野県:7・43%、鳥取県:7・16%、長崎県:5・88%、和歌山:5・60%、山口県:5・07%
   30県で減少

 ▽1ゴルフ場平均の利用者数は、

  ・3万7031人(前年度比675人、1・86増)

   1位 大阪府:5万2673人(+2102人)
   2位 神奈川:4万9460人(+1062人)
   3位 千葉県:4万7430人(+1501人)

   最少は、秋田県:1万8641人(+689人)、岩手県:2万0206人(+201人)と続く