ザ・クイーンズヒルゴルフ場 民事再生手続きから会社更生法手続き
2021年01月12日 |ゴルフ場ニュース|
「ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ」経営
続報、民事再生手続きから会社更生手続きへ。福岡県下では13年ぶりの更生法。
更生手続き開始決定受ける。

負債168億8400万円


当社は1990年(平成2年)12月、地場不動産デベロッパーを経営していた田原學氏が設立したゴルフ場経営業者。女子プロゴルファー岡本綾子氏の設計監修のもと「ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ」を92年11月、オープンした。2001年5月には第69回日本プロゴルフ選手権大会が開催され、2002年7月期は年収入高約9億4000万円を計上していた。

 しかし、ゴルフ人口の減少や近隣ゴルフ場との競合によるプレイ料金の低価格化などから採算面は低調に推移していた。その間、償還期限を迎えた預託金約118億円を償還資金不足として、事前に各会員に対して「永久債」への転換要請を行いしのいでいたが、以降も業績は停滞し2019年7月期の年収入高は約7億9100万円にとどまるなど経常損失を計上、債務超過状態が続いていた。2017年3月に創業者である田原學氏が死去し、2019年12月には同氏の長男である田原司氏が新代表に就任したものの、当社旧経営陣と司氏との間で株主権をめぐる争いが生じていた。こうしたなか、新代表のもとでの経営体制では危機的な状況から脱するのは困難として、2020年10月8日に債権者より福岡地裁へ民事再生手続き開始を申し立てられていた。その後、同地裁より再生手続き開始決定を受けていたが、同社と株主でもある司氏は東京地裁に会社更生法の適用を申請。同地裁は、会社更生手続きは、民事再生手続きよりも強力な再建型の手続きであり、再建スキームの選択の幅が広がることからより適正かつ円滑に再建が進められると判断し、今回の決定となった。
 



 

サイドメニュー

お問い合わせ
ローンでのゴルフ会員権購入
ゴルフ初心者の方へ。
会員権取引‐トータルサポート

直近で問い合わせ・正会員募集があった各県のゴルフ場を1件ずつピックアップ!

ゴルフ会員権特選売却物件

グランディがお譲りします。
ベルビーチGC 沖縄 10万円
喜々津CC 長崎 10万円
ゴールデンパームCC 鹿児島 20万円
くまもと中央CC 熊本 25万円
大和不動CC 佐賀 10万円
青島GC 宮崎 39万円
久住高原GC 大分 ご相談
セントラル福岡GC 福岡 29万円

ゴルフ会員権特選買取物件

グランディにお譲りください。
ジェイズCC日南 宮崎 10万円
フジCC 佐賀 30万円
ザクラシックGC 福岡 60万円
下関GC 山口 15万円
カヌチャGC 沖縄 35万円
ローレル日田CC 大分 30万円
九州GC 熊本 30万円
かごしま空港36 鹿児島 40万円
五島CC 長崎 15万円

正会員募集ゴルフ場

当社から入会申し込みを行うと特典あります!
武雄GC 佐賀 22.6万円
青島GC 宮崎 38.8万円
湯の浦CC 鹿児島 30万円
別府の森GC 大分 20万円
菊池CC 熊本 18万円
ハウステンボスCC 長崎 26.4万円
セントラル福岡GC 福岡 28.5万円