愛野カントリー倶楽部(長崎)2度目の民事再生法申請
2006年10月25日 |ゴルフ場ニュース|
2000年6月26日に長崎地裁へ民事再生法の適用を申請し、2004年5月に再生手続き終結決定を受けていた(株)長崎日動「愛野カントリー倶楽部」(長崎県雲仙市愛野町甲2789、代表菱岡英博氏)は、10月20日に福岡地裁へ2度目となる民事再生法の適用を申請した。
今後はゴルフ場経営の(株)エイチ・ジェイ(千葉県市原市)のもとで再建を図っていく予定。負債は約179億8600万円。
会員数4,100人 尚、今後スポンサー会社になる予定の㈱エイチ・ジェイは千葉県に米原、夷隅、九州に福岡レイクサイド、ペニンシュラ 等のゴルフ場を経営している。