ニュース&トピックスページ

ゴルフ会員権の売買取引をお考えの方、グランディカンパニーにお任せください!

Loading...

平成20年5月23日武雄嬉野国際CC(佐賀県武雄市)に民事再生法適用
2008年05月26日 |ゴルフ会員権ニュース|ゴルフ場ニュース|
武雄嬉野カントリークラブ(武雄市西川登町)を運営する「武雄嬉野国際カントリークラブ」(山?純平社長、資本金1億円)が、福岡地裁に民事再生法の適用を申請、23日に手続き開始決定を受けた。負債総額は約23億7000万円とみられる。営業は継続しながら再生手続きを進める。
 1978年オープン。ピーク時の91年4月期は売上高11億5000万円を計上したが、競争激化などで来場者は低迷、2007年4月期の売上高は4億6800万円に落ち込んでいた。
 債権者は約1500人。ゴルフ会員権の所有者が大半で、債権のうち預託金が19億5200万円を占めているとみられる。
 債権の調査や確定作業を行わない「簡易再生手続き」で再生計画を成立させる方針で、既に会員に通知しているという。