ゴルフを始める前の疑問ページ

ゴルフ会員権の売買取引をお考えの方、グランディカンパニーにお任せください!

Loading...

ゴルフを始める前の疑問をまとめています。
ゴルフのプレーって私にも出来るのかな?
最初はなかなかボールに当たらないことが多く、決して簡単ではありません、しかし、少し練習すれば楽しめる程度の技量には誰もがなることができます。
またハンディキャップ(HC)を用いることで、若い人もそれ相応に年取った人も、下手な人も上手な人も、真剣に競い合うことができるので、腕前に関係なく楽しむことができます。 練習次第ではどんどん上達することも可能です。
ゴルフは生涯できるスポーツ(80歳になってもできる)なので、長いスパンで取り組んでいけます。
その過程もゴルフの大きな楽しみの一つです。
お金がかかりそう!?
ゴルフには、「お金持ちのスポーツ」としてのイメージを根強くあります。しかし、実際には他のレジャーと比べても著しくお金がかかるということはありません。
ゴルフクラブもプレー料金も以前に比べるとずいぶん安価になり、平日でプレー・食事して7000円~9000円、土日で1万4,5千円~2万円ぐらいです(キャディさん付です)セルフだと3千円位安くなります。ゴルフを始めるには良い環境が整いつつあります。
何が必要?費用はどれくらい?
クラブは、初心者向けのセットでも5万円から10万円はみたほうが良いでしょう。
他に帽子・ゴルフシューズ・手袋・ボール・最低これだけは必要です。どうしてもない時は貸しクラブ・貸しシューズはゴルフ場にあります。
始めてすぐプレーできるの?
ゴルフコースでのプレーは、ゴルフ練習場で技術を磨いてからになります。どれだけ練習場で打てばコースに出られるかは個人差がありますが、次にあげるような点をクリアすることが目安となります。
1.各クラブ(番手)での自分の大まかな飛距離を把握している。
2.ウッドクラブが前に飛ぶ。コースの幅に収まる。
3.アプローチ・パッティングを十分に練習している。
補足をすると、ゴルフは狙ったところにボールを運ぶスポーツなので、「1」はとても重要な要素。通常アイアンセットでは各番手の飛距離差は10ヤード刻みとなります。
ウッドクラブは初心者の場合、ボールに当てることもままなりませんが、ウッドで飛距離を稼ぐことがコースに出る上で欠かせません。ということは、最低でも打球ができて、ボールを前に飛ばせる技量を身につけなければいけません。
そして、初心者が一番苦労するのはカップに近づいてからのプレー。残りの距離を調節して打ち分ける練習が必要になります。そこでアプローチを集中的に練習する必要がありますが、ショートコースに行くことがオススメ。短い距離のゴルフコースで、初心者の練習用に最適です。
1人でもプレーできる?
練習は1人でもできます。しかし、我流ではじめるよりレッスンプロなどに基本を学んだほうが上達は早く、ゴルフコースでは3人か4人一組でプレーするのが普通です。最近では2サムと呼ばれる2人プレーができるゴルフ場も増えてきました。

はじめてラウンドするときは、熟練したゴルフ経験者とともにラウンドするべきです。ルールやマナーを教えてもらえることはもちろんですが、自分のプレーにもリズムが生まれるためより機敏にプレーすることができます。
服装にどんな格好でするの?
1.クラブハウス内では常識的な服装(下着等でうろうろしない)でお願いします。
2.プレー中は襟のあるシャツ、帽子を着用(主にポロシャツ)。
3.シャツの裾は出さない。
4.男性が短パンを履くときはハイソックスを着用。
5.プレーする時はTシャツ・ジーパン・サンダルなどラフな服装は禁止。
6.グリーンが痛まないようにゴルフシューズを履く事。