鳴子カントリークラブコース説明

1番の打ち下ろしと9番の打ち上げを除くと 他は極端な高低差はないものの樹木が豊富で庭園風の趣がある。各ホールそれぞれに印象的な個性を持っていて、大きな池を控えたホールとかグリーンまわりを難しくしたホールなど設計の妙がある。8番のショートホールは距離もあってとりわけ難しいホールだ。  

鳴子カントリークラブ住所&連絡先情報

住所
〒989-6826 宮城県玉造郡鳴子町字古戸前132
TEL
0229-83-3667
FAX
0229-83-3290

鳴子カントリークラブ概要

開場日
1966年6月5日
種 別
山岳
ヤーデージ
3,267Y
ホール / パー
9H / PAR36
レート
68.9
練習場
200m/10打席
付帯施設
宿泊施設: なし}

鳴子カントリークラブコースの特徴

グリーン: ベント ラウンドスタイル: キャディ付きかセルフの選択制。歩いてのラウンド。1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可。 シューズ: ソフトスパイク:可 メタルスパ 

鳴子カントリークラブコースレイアウト

アウト 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
パー 5 4 4 3 4 4 4 3 5 36
ハンディキャップ 5 7 17 15 13 9 11 3 1  
Champ 540 395 287 138 351 434 343 205 574 3267
Reg 475 345 255 110 275 360 255 190 540 2805
ドラコン・ニアピン推奨ホール       N         D  
イン 10 11 12 13 14 15 16 17 18 合計
パー 5 4 4 3 4 4 4 3 5 36
ハンディキャップ 6 8 18 16 14 10 12 4 2  
Champ 540 395 287 138 351 434 343 205 574 3267
Reg 475 345 255 110 275 360 255 190 540 2805
ドラコン・ニアピン推奨ホール       N         D  
http://narukocc.com/