蒲生カントリークラブコース説明

桜島の眺望をコース内の至る所から望める。適度なアップダウンを持ち余裕のあるフェアウェイと変化のあるホール構成からなっている。グリーンから次のティまで距離が短いので楽。桜島コースは全長があり特にミドルが長い。6番は打ち上げ。霧島コースはやや起伏があるが広くOBが少ない。祁答院コースは打ち上げ、打ちおろしの変化があり距離が短めで冒険的なコース。  

蒲生カントリークラブ住所&連絡先情報

住所
〒899-5308 鹿児島県姶良郡蒲生町米丸2448
TEL
0995-52-0381
FAX
0995-52-0387

蒲生カントリークラブ概要

開場日
1974年10月29日
種 別
丘陵
ヤーデージ
10,078Y
ホール / パー
27H / PAR108
レート
72.7
練習場
250m/9打席
付帯施設
宿泊施設: なし}

蒲生カントリークラブコースの特徴

九州屈指/日本を代表する名コース、フェニックスカントリークラブを手がけた大橋剛吉氏設計コース。27ホールあり、それぞれ特徴のある3コースからなる。桜島コースは最も距離があり、バックティから3,500ヤード超の本格派コース。距離と正確性を要求されるタフさがある。霧島コースは、起伏のあるホール、左右のドッグレッグホールなど、バラエティに富むレイアウト。祁答院コースは桜島コースに比べ400ヤード程度短い、最も距離の短いコース。高低差に加え、フェアウェイの傾斜もあり、ややトリッキーなレイアウト。
設計者 : 大 

蒲生カントリークラブコースレイアウト

桜島 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Par. 5D 4 4 3N 4 5 4 3 4 36
Back T. 565 380 403 188 436 555 370 196 430 3523
REG T. 565 380 403 188 436 555 370 196 430 3523
FRONT T. 530 353 358 158 400 520 350 143 408 3220
Hdcp.                    
霧島 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Par. 4 3N 4 4 5 4 3 4 5D 36
Back T. 352 209 423 343 507 420 174 365 577 3370
REG T. 352 209 423 343 507 420 174 365 577 3370
FRONT T 310 147 361 310 456 383 156 358 507 2988
Hdcp.                    
祁答院 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Par. 4 4 3N 5 4 4 3 4 5D 36
Back T. 360 324 165 500 388 367 180 396 505 3185
REG T. 360 324 165 500 388 367 180 396 505 3185
FRONT T. 353 274 155 475 363 339 160 378 495 2992
Hdcp.                    
※推奨ホール D :ドラコン N :ニアピン